Batis 2/40 CFとNikkor Z 40mm f/2の比較

Batis 2/40 CFとNikkor Z 40mm f/2の比較を行いました。

 Batis2/40CFを持っているのに、Z 40mm f/2を購入しております。Zレンズが本当に性能が良いので、Z 40mm f/2で満足できるならBatis2/40CFを手放すのもお得で良いかなと思っております。なにしろ値段差があるので、期待としては当然の様にBatisなるのかなと考えました。世の中一般の評価がどうであれ、撮り比べて自分で気に入った方を残すしかないので比較してみます。
 外観は、大きさからして全然違いますね。ちなみにBatis 2/40 CFの方には、TECHART TZE-02が付けられた状態です。これにより普段からZマウントレンズとしてBatisを使っております。

比較1:遠方域の比較

 どちらも遠方の同じ部分を等倍で切り出しております。ピントは建物に合わせており、絞りも開放で合わせております。

Batis 2/40 CF

Z 40mm f/2

 解像感としては、絞り開放にも関わらずBatisもZも同じ程度でしっかりと解像しておりますね。どちらか一方を選ぶとなると、Batisの方がシャープに見えるというか、コントラストが高いですね。どちらも十分にシャープだと思います。気になると言うか、気づいてしまったのが、ピントが外れたところの手前の屋根のあたりのBatisの色付き。ひし形の白っぽい手前の屋根の縁部分に収差が見えます。
 下に拡大して切り出してみました。左側がBatisの切り出しです。こんな風に拡大すると嫌ですよね。右側はRAW現像で倍率収差補正をかけました。ちゃんと気にならないレベルまで消せました。これだとZと変わらないレベルです。

 等倍切り出しのレベルなので、普通に使っている分には気にならなかったのですが、こうやって比較してしまうと気になりだします。倍率収差補正をかければ解消できるので問題ないと言えば問題ないのですが、いちいち補正するのは使い勝手が悪いです。
 先日、Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZF.2を試し撮りした時にも同じ悩みを持ちました。CarlZeissの癖?・・・やはり純正でないとレンズプロファイルが効いていないからなのでしょうかね。

比較2:近接域の比較

 最短撮影距離での撮影です。解像感や近接域でのボケ味などを確認します。

Batis 2/40 CF

Z 40mm f/2

 これはレンズスペックとしてBatis 2/40CFが寄れるレンズで有名なので、倍率の違いが顕著に出てしまいます。全然違いますよね。Batisのボケは綺麗でこのレンズの良さが出ているかなと思います。この寄れる具合が本当に使いやすくて、すごいお気に入りで良く使うレンズです。まあ、40mmクラスでf2って普通に使う分には特別にボケる訳ではないです。そうなるとある程度絞って解像感をぐっと出すくらいの方が良いのですが、ここまで寄るボケを活かした写真になります。寄れるだけで作れる絵が全然変わるので使いやすいです。Z40mmも十分に綺麗にボケています。正直、値段を考えると本当に素晴らしい。

結論

 比較1の色付きに気づくまでは、やはりBatis2/40CFを残してZ40mmはすぐに売却かな?と思っていました。ちょっと、時々倍率収差補正をかけないと色付きが目立つ写真があるのがBatisのデメリットです。致命的かというと補正はできるのですが面倒ですね。それに普通にZ40mmf/2っていいレンズです。Batisも本当に使いやすいですし、Zの軽さも捨てがたいです。なんか贅沢な悩みなのですが、もう少し使い込んで結論を出そうと思います。Sonyのα7シリーズを入手して同じBatis2/40CFでカメラの違いによる色付き出方がを比較出来たらレンズプロファイルの影響が見えてくるかと思うのですが、そこまでする価値が無いというか。NikonからS-Lineで寄れる40mmって作ってくれないですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました